Touchdown! TJ
ニューヨークシャークスで活躍中の日本人女子プロフットボーラー、谷田純子のブログ。 このブログは在NY邦人向けフリーペーパーを発行するアメ★ドリにより運営されています。www.amedori.net
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キャンプイン
<キャンプイン>
 
 2月末で仕事を辞め、3月4日のキャンプインに合わせ、渡米しました。去年のシーズン終了後から約7ヶ月の日本での生活はあっという間でしたが、銀行でのOL生活、タッチフットボール、サッカーの練習、さらに家族、友達との再会ととても充実した、楽しい時間を過ごしました。

家族のサポートもあって、今年もこうやってまたニューヨークに来られたことに感謝するとともに、去年果たせなかったチームの優勝を目標にがんばりたいと思っています。

 キャンプイン前日にニューヨーク入りする予定でしたが、途中バンクーバーで飛行機のキャンセルがあり、JFK空港に着いたのは当日の朝4時。

やっとのことで今年もお世話になるGMのアパートに着き、2時間ほど仮眠し、朝9時からの練習に参加しました。飛行機の中でしっかり睡眠を取っていたのですが、さすがにつらかったです。

 そんなこんなで、私のニューヨークシャークスでの2年目のキャンプがスタートしました。チームメイトとは7ヶ月ぶりの再会でしたが、みな「Welcome back」と喜んでくれました。

でも、この渡米に際して、気がかりなことが一つありました。それは、去年のエースクォーターバックが移籍するという噂でした。私は、彼女がリーグ?1のQBだと思っていて、その彼女と一緒にプレーしたくてニューヨークに来たのに、彼女がいなくなるというのは、もちろんチームにも痛手であるし、私にとっても信頼できるクォーターバックがいなくなるというのはとても残念なことです。

チームに合流するまでは、そんなの噂に過ぎないと信じたくない気持ちでいっぱいでしたが、初日のキャンプに参加して、やっぱり彼女はいませんでした。オーナーに聞いても、彼女は今年はプレーしないと言うだけで、直接の原因は分からないということでした。

エースクォーターバックが抜けた穴は大きいですが、ルーキーも含め、今年もアスリートが多いチームなので、新生シャークスをお見せできると思います。シーズン開幕は4月29日。ぜひスタジアムに応援に来てください!

 
スポンサーサイト
米子での生活<3>
<米子での生活(3)>

 年が明けて、あっという間に2月も中旬になりました。前回のブログでタッチフットボール全国大会の結果をお伝えするという話をしていたのに、ブログのほうずいぶんご無沙汰してしまいました。結果はというと、惜しくも前年同じく準優勝。今年こそは優勝をと意気込んで望んだのですが、日本一になることができませんでした。勝負に負けるというのは、ほんとに悔しいものですね。それでも、クォーターバックをやり、いい勉強ができたと思っています。

 帰国して半年がたった今、米子での生活を振り返ってみると、充実した毎日を過ごすことができました。プロといっても給料をもらっているわけではないので、資金作りも必要です。平日は仕事、土日はタッチフットボール、サッカーと体を動かし、シーズンに向けての体力作りもしてきました。ニューヨークでアメフトをすることを目標にしていたからこそ、それに向けて充実した日々が過ごせたのかなと思います。常に目標を持つことはとても大事なことだと思っています。それによって生活に張りができ、がんばることもできます。いつでも目標や夢を持っていたいです。

 いよいよ3月4日、トレーニングキャンプが始まります。チームは年明けからトライアウトに合格したルーキーを中心に自主練習をしているそうです。チームメイトに負けないように、キャンプ初日からコーチ陣にアピールして、スターターを取りたいと思っています。新しいヘッドコーチの元で新生シャークスが作り上げていかれるのはとても楽しみです。チームの一員として、チャンピオン目指してがんばります。

 米子はこの冬は例年以上に大雪が降り、寒い日が続いています。先日は家から30分ほどで行ける山でスノーボードを楽しんできました。マンハッタンで68センチの雪が積もったというニュースを見ましたが、ニューヨークも寒そうですね。渡米まではなんだかんだと忙しい日が続きますが、2月末までしっかり仕事をして、3月に入ったら元気に渡米します。今年も応援よろしくお願いします!
<米子での生活(2)>
<米子での生活(2)>

 帰国して早くも3ヶ月半が経ちました。来シーズンのキャンプインまであと3ヶ月半ほどになりましたが、今からとても待ち遠しいです。チームの情報はメールを通して聞くことができますが、なんと来年はヘッドコーチが変わるようです。チームメイトからもメールをもらいますが、来年こそは優勝をと、皆の意気込みを感じます。第1回トライアウトでは何人かいい選手を取ったそうで、オーナーを始め、チーム全体が来シーズンへ向けすでに動き始めています。

 米子での生活ですが、ほんとにあっという間の3ヶ月半でした。仕事後は毎日のようにタッチフットボール、サッカーで汗を流し、その合間にちゃっかりと飲みにも出掛けています。毎日が充実していて、このままずっと米子で過ごすのも悪くはないかなって思うこともありますが、やっぱりアメフトをしたいという気持ちは変わりません。来シーズンもニューヨークでアメフトをするという目標があるからこそ、米子での生活を有意義に過ごせるのかもしれません。

 タッチフットボールのほうですが、中四国大会で優勝し、12月上旬に千葉で行われる全国大会出場を決めました。去年はこの大会で準優勝しているので、今年は日本一を目標にがんばっています。私は慣れないクォーターバックをしていますが、本職のレシーバーをする上で勉強になることも多いです。  

 そんなこんなですが、仕事のほうは上司から「もう何年もここで働いているようだ」と言われるほど、職場にも慣れてきて、渡米前のOL生活に逆戻りです。充電期間の半年は仕方ないと割り切っていますが、ニューヨークでの生活が夢のようで現実離れしてる分、現実の生活を突きつけられる感じがしています。

 米子は朝晩の寒さが厳しくなり、冬の訪れを感じます。ニューヨークの天候はどうですか?今年の3月に渡米した頃、ニューヨークの寒さを体験しましたが、米子の寒さとは比べ物にならないぐらいの極寒でした。練習をしていたら、寒さでフィールドが凍っていたのには驚きました。来年の3月もまだ寒いのでしょうね。次は全国大会の結果をお伝えできると思います。
<米子での生活>
<米子での生活>

 帰国して早2ヶ月が経とうとしています。あっという間の2ヶ月で、久しぶりのブログです。米子は10月に入り、だいぶ涼しくなってきて、秋の気配を感じています。こちらでの生活ですが、平日は朝9時から5時まで仕事。以前勤めていた金融機関での3年ぶりの仕事ですが、制服を着て、まさにOL生活です。仕事は5時には終わるので、それ以降の時間は有効に使うことができます。ほぼ毎日のように、タッチフットボール、サッカーの練習に参加し、体を動かしています。来シーズンに向けての準備は万全です。

 休みの日は山へドライブに行ったり、温泉に行ったり、田舎の自然を楽しんでいます。米子市は海と山に囲まれ、自然に恵まれています。そして、海の幸、山の幸もたくさんあります。ニューヨークやロサンジェルスという大都会に住んでみると、自然いっぱいの米子のありがたさを改めて感じます。

 オフ中のシャークスですが、いろいろなイベントに参加し、チームの宣伝活動をしているようです。なんと、NFLのニューヨークジャイアンツのゲームでもボランティアとしてお手伝いをしているそうです。ビザの関係でオフ中はアメリカにいられないのが、とても残念です。9月24日には第1回目のトライアウトがあり、来シーズンのチーム作りに向けて動き出したようです。

 私のほうは、10月はタッチフットボールの中四国大会、サッカーの県リーグ、大学のタッチフットボールのOG会と休みの日はなにかと忙しくなりそうです。が、最近気がかりなことが一つあります。それは、ほぼ毎日体を動かして汗をかいているのに、体重が微妙に増えていることです。原因はお酒でしょうか…。しっかり体調管理をして、ベストの状態で来シーズンのキャンプに参加したいと思っています。
 
 
帰国
<帰国>

 7月23日のプレイオフ第2戦で負けたので、さっそく8月2日帰国しました。帰国前にはチームメイトがパーティーを開いてくれ、来年3月のキャンプでの再会を約束しました。目標にしていた優勝を果たせなかったので、その目標は来シーズンへ持ち越しです。来年もニューヨークに戻ってきたいと思っています。6ヶ月の観光ビザで渡米しているので、8月いっぱいまで滞在できたのですが、早く日本に戻り、来シーズンに向けての準備をしようと思い、すぐに帰国することに決めました。

 帰国中は実家がある鳥取に戻り、バイト生活です。アメリカでの生活が現実離れしていて、いつも夢のようなので、帰国するといつも現実の生活に戻されるような感じがします。さっそくバイトも決まり、来週から仕事です。バイトはというと、以前働いていた金融機関での仕事です。アメフトのほうは、オフシーズン中は自主トレになるので、日本では地元のタッチフットボールチームとサッカーチームに参加しつつ、体力を維持しています。日本はとても蒸し暑いです。雨が降らず、四国のほうでは深刻な水不足のようです。

 シーズンを終えての感想ですが、優勝できなかったことを除いては、満足できるニューヨーク生活でした。毎日が充実していて、あっという間の5ヶ月間でした。ジェネラルマネージャー所有のアパートメントでの生活にもすぐに慣れ、いいスタッフ、チームメイトにも恵まれ、とても楽しい日々を過ごすことができました。また、ニューヨーク在住の鳥取県出身の方たちに激励会を開いてもらったり、応援に来てもらったりと、いい出会いもありました。3月にまた皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。