Touchdown! TJ
ニューヨークシャークスで活躍中の日本人女子プロフットボーラー、谷田純子のブログ。 このブログは在NY邦人向けフリーペーパーを発行するアメ★ドリにより運営されています。www.amedori.net
200504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200506
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
チャンピオンシップに向けて
 4月9日に開幕したレギュラーシーズンもホーム2試合、アウェー4試合の計6試合を終え、開幕から6連勝中です。そして、東地区の首位の座をキープしています。
私は6試合で14キャッチ、4タッチダウンという記録を残すことができました。ここぞという場面でパスターゲットになることも多く、コーチの期待を感じます。その期待に応えられるよう、キャッチ記録を伸ばしていきたいと思っています。

 6試合を終え、シャークスでの試合の感想ですが、フィールド上での罵声がすごいということです。「F○ck you」、「Bi○ch」などの言葉に加え、時には乱闘になりそうなことさえあります。野球のように、ベンチに残っていたら罰金(?)ってことはもちろんないですが、興奮した選手を抑えるのはとても大変そうです。ここまで熱くなれるのはアメリカ人の国民性??でも、それだけ試合に賭ける思いが強いということを感じます。

 今回は女性のアメフト事情についてちょっとお話してみます。チームはプロフェッショナルリーグに所属していながら、選手は給料をもらっていないという話は前回もお話しましたが、アメリカで女性のプロスポーツで成功している例ではバスケットボールがあります。NBAは有名ですが、その女性版のWNBAというプロリーグで、ニューヨークにはニューヨーク・リバティーというチームがあります。リバティーの開幕戦を観戦しましたが、観客の多さにびっくりしました。それに比べ、シャークスのホームでの観客は100人強…。まず、チームとして取り組まなければならないのは、女性アメフトプロリーグの存在を知ってもらい、試合を見に来てもらうことだと思いました。そして、将来、バスケットのように、アメフトリーグが成功することを願っています。

 シーズンも中盤になり、ホームでの4試合を残すだけとなりました。怪我人が多く、心配もありますが、残り4試合連勝して、プレイオフ、チャンピオンシップまで突っ走りたいです!
スポンサーサイト
シーズン開幕
 3月5日のトライアウトから約1ヶ月のキャンプを終え、4月9日にレギュラーシーズンが開幕しました。チームは開幕から4連勝中です。個人的には、開幕戦からスターターに選ばれ、3タッチダウンと、絶好調です。23日の地元開幕戦では2タッチダウンを獲得し、チームのオフェンス部門MVPに選ばれました。

 4月には3試合のアウェー戦がありましたが、バスでの移動でした。初戦はボストンまでの約4時間のドライブでしたが、バスの中ではスターターの発表、試合前のミーティング、相手チームの試合ビデオを見たりとけっこう緊張感のある時間を過ごしました。が、試合に勝った後の帰りのバスの中はパーティー状態。ビールから始まって、あらかじめ準備されていたショット(バスの中でもこぼれないようにとゼリーになっていました)で乾杯。日本人の私は断ることが苦手なのと、お酒はけっこういけるほうなので、乗せられるままにショットを4杯。とても楽しい時間を過ごしましたが、ニューヨークに着いたのは夜中の3時でした。
 
 シャークスの選手について少しお話しすると、プロフェッショナルリーグとは言っても、給料をもらっているわけではないので、ほとんどの選手が仕事をしています。警察官、消防士、女優、中には弁護士までいますが、皆とてもエネルギッシュです。昼間はいろいろな分野で活躍している選手が、火曜と木曜の夜に集まって、3時間の練習をしています。練習はハイスクールのフィールドを借りているのですが、ハイスクールといっても、フットボール専用のフィールドで、照明はもちろんのこと、観客用のスタンドまでついている立派なものです。さすが、フットボール人気が絶大なアメリカですね。

 シーズン始まってまだ1ヶ月ですが、この勢いでレギュラーシーズン残り6試合連勝して、プレイオフへ進み、もちろん目標は優勝です。ホームフィールドはスタテン島とちょっと不便ですが、皆さん、ぜひ応援に来てください。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。