Touchdown! TJ
ニューヨークシャークスで活躍中の日本人女子プロフットボーラー、谷田純子のブログ。 このブログは在NY邦人向けフリーペーパーを発行するアメ★ドリにより運営されています。www.amedori.net
200507<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200509
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
帰国
<帰国>

 7月23日のプレイオフ第2戦で負けたので、さっそく8月2日帰国しました。帰国前にはチームメイトがパーティーを開いてくれ、来年3月のキャンプでの再会を約束しました。目標にしていた優勝を果たせなかったので、その目標は来シーズンへ持ち越しです。来年もニューヨークに戻ってきたいと思っています。6ヶ月の観光ビザで渡米しているので、8月いっぱいまで滞在できたのですが、早く日本に戻り、来シーズンに向けての準備をしようと思い、すぐに帰国することに決めました。

 帰国中は実家がある鳥取に戻り、バイト生活です。アメリカでの生活が現実離れしていて、いつも夢のようなので、帰国するといつも現実の生活に戻されるような感じがします。さっそくバイトも決まり、来週から仕事です。バイトはというと、以前働いていた金融機関での仕事です。アメフトのほうは、オフシーズン中は自主トレになるので、日本では地元のタッチフットボールチームとサッカーチームに参加しつつ、体力を維持しています。日本はとても蒸し暑いです。雨が降らず、四国のほうでは深刻な水不足のようです。

 シーズンを終えての感想ですが、優勝できなかったことを除いては、満足できるニューヨーク生活でした。毎日が充実していて、あっという間の5ヶ月間でした。ジェネラルマネージャー所有のアパートメントでの生活にもすぐに慣れ、いいスタッフ、チームメイトにも恵まれ、とても楽しい日々を過ごすことができました。また、ニューヨーク在住の鳥取県出身の方たちに激励会を開いてもらったり、応援に来てもらったりと、いい出会いもありました。3月にまた皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト
プレイオフ第2戦
<プレイオフ第2戦>

 23日、スタテン島のホームフィールドでプレイオフ第2戦が行われました。1週間前まで対戦相手がわからず、ミーティングでは対戦する可能戦のある両チームが戦っている試合を見ましたが、予想ではアトランタだったので、オフェンス、ディフェンスともアトランタのスカウティングをしていました。

スカウティングというのは、対戦相手の戦い方を研究することを言います。オフェンスなら、相手ディフェンスがどういった守り方をするからどういうプレーが有効かとか、どのポジションの選手がちょっと劣っているからそこを攻めようとかという作戦を考えます。予想通り、ジャクソンビルに26対12で勝ったアトランタが対戦相手でした。

話によると、アトランタは去年の9月からキャンプを開始したらしく、3月からキャンプを始めたシャークスとは約6ヶ月も長く練習をしています。試合のビデオを見ても、個々の運動能力が高く、さらによくコーティングされている印象だったので、試合前から厳しい試合になると思っていました。

 夜7時、シャークスのキックオフで試合が始まりましたが、この試合で勝ったほうが東地区の代表としてチャンピオンシップに進みます。勝てばチャンピオンシップ進出、負ければシーズン終了という天国と地獄のような感じでした。アトランタは最初の攻撃でタッチダウンを決めることができず、フィールドゴールで3点先制しました。続くシャークスの攻撃ではインターセプトを決められてしまいましたが、まだ試合は始まったばかりだったので、すぐに逆転できると思っていました。前半はシャークスのオフェンスにミスが続き、タッチダウンを決めることができず、0対3で終えました。

 ハーフタイムのミーティングではタッチダウンを1つ取れば逆転できるということで、選手の気持ちも高まっていました。後半はシャークスの攻撃から始まりましたが、ファンブルでターンオーバー。ディフェンスはアトランタの攻撃をほぼ完璧に抑えていましたが、次の攻撃でもインターセプトでターンオーバー。試合が進むにつれて、次第に焦りもでてきて、それが悪いほうに働き、オフェンスのミスが続いてしまいました。そして、時間がなくなり、残り3秒からの最後のワンプレーに逆転を賭けましたが、それもファンブルで試合終了。3点差での敗戦ってこともあって、試合終了後は負けを信じることができませんでした。それはコーチ、チームメイトも同じだったと思います。早い時間帯での失点だったので、いつか絶対逆転できると思っているうちに、時間がなくなってしまったという感じでした。試合後はただ呆然として、負けを受け入れたくない気持ちでいっぱいでした。
 
 この試合では、プレイオフということで200人ぐらいのファンが応援に駆けつけてくれました。去年所属していたサクラメントではプレイオフとなると500人ぐらいの観客だったので、ちょっと寂しい気もしましたが、遠いスタテン島までわざわざ試合観戦に来てくれたファンに感謝です。鳥取県人会で知り合いになった方たちが友達も誘ってきてくれ、9人の日本人の即席応援団もできました。せっかく応援に来てもらったのに勝ちを見せることができなくってすごく残念です。これでキャンプから始まった約5ヶ月のシーズンが終了しました。でも、来年の目標ができました。シャークスで優勝するいう目標を今年果たせなかったので、来年こそはと思っています。怪我もなく全試合フル出場を果たし、優勝できなかったことを除いては、いいシーズンだったと思います。日本で半年を過ごし、来シーズンに向けてまたニューヨークに戻ってきたいと思っています。シーズン中は応援ありがとうございました。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。